3/24 (日)11:00-13:00

経絡の流れを作り身体の力みをとるヨガ

経絡とは中医学で体に流れる気の流れです。

現代社会の複雑なライフスタイルの中で

マインドや頭の中は常に忙しく、

睡眠時でも頭はやすまりません。

頭の中は視覚からの情報が優位に働くことが

多く、アーサナの練習は時に形をとるこや

人と比べてしまい本質的な部分から

離れてしまうことがあります。

 

なぜヨガをやるのかという質問には

非常に多くの考え方や哲学的な捉え方が

含まれますが、自分が指導する通常クラスで

毎回の伝えたい事、感じて欲しい事の一つの

終着点をあげるなら

『頭と身体を静かにする』

という所に収束してきます。

ストレスを多く感じたり、

自律神経の働きが乱れてくると

身体に出てくる一番初めの症状は

『筋肉の力み』です。


このWSでは関節の構造や筋肉の走行から

身体の中の気の流れ道となる

経絡とアーサナの相関関係を見出し、

形を取るのではなくアーサナの中に

呼吸の流れを生み出し、体の柔軟性と力強さ、

血液循環を作りだすことで免疫機能や

自然治癒力を高めるための練習をしていきます。

 

このクラスの前半で学んだ考え方や視点を

アーサナのフローで身体に落と込んで行き

最後は頭と体を休めるための音ヨガで

深いリラクゼーションを体験して頂きます。

 

こんな人にオススメです。

・ポーズをしている時ついつい力んでしまう人

・経絡の流れをポーズに見出し、力まずにポーズをとりたい人

・ストレスや自律神経の 働きが乱れから首コリや肩こりなど身体が力んでいる人。

 

3/24 (日)14:00-16:00

音Yoga〜身体の力みをとるビンヤサ実践 

1部の座学を生かして動くクラス 

(動くクラス 30分以上の長いシャバアサナですブランケットやアイピローをお持ちください)

ゆったりとした身体のフローや音楽は

自律神経を整える重要な環境条件です。

お寺で鐘の音を聞いて心がスッと静まるという経験。きっと日本人なら誰でもあると思います。
このクラスではアルケミークリスタルボールという振動性の楽器の生演で気持ちのよい音の波で皆さんと会場を包み込みます。


鼓膜では拾いきれないほど精妙な波長の音は

細胞レベルで振動し、

心身がゆるみ血流の流れが良くなります。
ヨガ、呼吸法の後の演奏は見る、聞くというよりは音の波に浸るという感覚です。

長めのシャバアサナ(瞑想)では、

多くの人が意識と無意識の狭間で漂う

心地よい揺らぎを感じます。

心身がリラックスしている時にでる

脳波α波が出ます。
 

ストレス軽減、身体的疲労物質の抑制

などの効果があります。
子供が遊びに夢中になっている時も

α波が出ているというのは興味深いですね。

最近子供が遊びに夢中になるくらい、

頭がカラになった事はありますか?

とにもかくにも体験してみましょう

野村賢吾先生からのコメント・プロフィール

​詳細はこちら

愛媛県松山市にある少人数制ヨガスタジオ

rucruc-ルクルク

tel 050-5308-0441LINE @rucruc
  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン