top of page
back-_edited.png

BLOG

ヨガスタジオrucrucのブログ

肩こりの原因は血糖値の問題かも?

こんにちは!

松山市のヨガスタジオ ルクルク

分子栄養学カウンセラーの続木彩瀬です!


今日からリセットプログラムのスタートです!

ご参加の皆さん、食事と向き合う有意義な2週間にしていきましょうね。


リセットプログラムのお話しをスタジオで話していると、

今回は参加されない方も自主的に「グルテンフリー」を心がけていたり、

ゆるく4Fを継続してる方もいて嬉しいです^^


自分で食事の管理ができる方は

グループもサポートも必要ないかと思います。

「1人では無理><」「どうしたらいいかわからない><」

そんな方達こそご参加頂いて少しずつ管理ができるようになってもらえたらと思ってます^^


さて今日も栄養のお話しをさせて頂きますね^^


今日のタイトルは

「あなたの肩こりの原因は血糖値の問題かも?」


今日は「血糖値」をテーマに下記三つの内容でお話ししていきます。


・血糖値の説明

・低血糖がもたらす不調について


ではまず最初に

◆血糖値ってなに?


血糖値とは血液に含まれるブドウ糖の量です。


食べた炭水化物は消化されブドウ糖(グルコース)となり

体のエネルギーとなっていきます。


分子栄養学的に健康な体を目指すには

「血糖値」

これがとても大事なワードになります。


「血糖値?健康診断で基準値だったから私は大丈夫だよ^^」


そう思っている方も要注意!


血糖値が特別高い方以外は病院で指摘されることはありません。

「高血糖」これは糖尿病のリスクが上がることは皆さんご存知ですよね。


では逆に「低血糖」

血糖値が低いことは問題ではないのでしょうか?

一般的には見過ごされがちな「低血糖」栄養学ではここに焦点を当てて

健康な体を目指していきます。


質問です。

健康診断で「問題なし」と言われているあなたは

本当に健康な毎日を送れていますか?


「う〜〜〜〜ん><」


そんな方は是非最後まで読んでみてくださいね^^


◆血糖値のメカニズム


ご飯を食べると体内に糖質が入ってくるので血糖値は上がります。

そうすると体はインスリンを出して血糖値を下げていきます。

血糖値を下げるホルモンはインスリンだけ!

逆に上げるホルモンは体には沢山あります。


◆血糖値の波


パン・うどん・お菓子・ケーキなど

血糖値を上げやすい食べ物を食べると

血糖値はグーーーーーーンと上がります。


上がり過ぎた血糖値を体は「下げなきゃ><」と思って

インスリンをドバドバ出して下げていきます。


血糖値が下がりすぎると危険なので、

また体は様々なホルモンを使って血糖値を上げていきます。


この振り幅が大きいことが問題であり、疲れる原因になるのです。


皆さん、

食後に眠くなることはありませんか?


特に昼食後「ねむ〜い」とあくびが出る

これは低血糖によるものです。

朝ごはんを食べていない人は特にこの症状は強くなります。



あなたは何個当てはまる?

◆「血糖値が下がった時の症状」


倦怠感・手足の冷え・夕方どっと疲れる・集中力がない

食いしばり・歯軋り・夜中目が覚めて眠りが浅い

悪夢を見る・寝汗・朝スッキリ起きられない

肩こり・腰痛・動悸・不安感・焦燥感・朝起きてもお腹が空いてない


2つ以上当てはまったら要注意!


さて今日のタイトルにしていたこちら


◆低血糖で肩こり・腰痛が起こる


肩こりや腰痛の悩みを抱えてヨガに来られる方はとても多いです。

ヨガでは外的に筋肉を動かし・伸ばしたりすることで姿勢の改善に繋がります。

また、呼吸をして精神的にリラックスすることで内側のケアもおこないます。

ヨガを始めて肩こりや腰痛を改善される方も多いです。


しかし、食事が乱れて高血糖と低血糖を繰り返していたりすると

肩こりや腰痛がいつまでたっても改善されません。


夜中睡眠中に低血糖になっていると

寝ている間に歯軋りや食いしばりをしてしまっているというケースも!

朝起きて、

「あ、首が痛い。。。寝違えたかな?」

というのは寝ている間、低血糖になり体が緊張してしまっている可能性もあります。


本来睡眠でリラックスし元気を回復させるところを

寝ている間にもガチガチになっていると

朝起きても疲れは取れないし、肩こりも改善しませんよね。



◆低血糖は夕方に起こりやすい!


こんな時ってないですか?


「はぁ、疲れた😩😩」「もう動けない😩😩」


もしかするとそれは低血糖の症状かも?


低血糖はエネルギー切れの状態

空腹時間が長かったり、仕事で脳を沢山使ったり、

ストレスがかかっていたり。

体がガス欠状態になっているかも?


「コーヒーを飲まないとシャキッとしない」

カフェインが欲しくなる時、甘いものに手が伸びるとき

きっと血糖値が下がってきている状態です。


甘いものは勿論、カフェインにも血糖値を上げる作用があります。

切れたエネルギーをカフェインを使って無理に動かそうとしているのです。

栄養学的にこれを

「ドーピング」と言います。


この言葉、ドキッとしますよね。笑


何故甘いものが辞めれないのか

ついコーヒーを飲んでしまうのか


その原因は低血糖かもしれません。

血糖値を安定させることが健康な体を手に入れる鍵となってきます。


次回は低血糖を改善するにはどうしたら良いのか?


それをテーマに綴りたいと思います^^


参考になれば嬉しいです。

皆さんの健康で幸せな人生を送りましょう^^


ではまた!





Comments


特集記事
​カテゴリー
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page