top of page
back-_edited.png

BLOG

ヨガスタジオrucrucのブログ

第二回ヨガ哲学あとがき


ヨガスタジオ ルクルク

続木彩瀬です^^


3月に入りましたね♪

お天気はいい日が続いていますが、今日はとても寒いです。

風も強い!


これから色々な所で卒業式が行われますね🌸

ルクルクでも通われていた方が1人卒業されました。


大学院に通いながらヨガに来てくれていたのですが、

卒業と共にご実家の方で就職されるそうです。

おめでとうございます👏


引っ越し前日にヨガに来てくれてご挨拶しました。

笑顔でお別れしましたが心はちょっぴりセンチメンタルでした。笑


彼女は大学の研究に忙しそうでしたが、ヨガにとても興味を持ってくれていて

スタジオに置いてる本を幾つか借りて読んでくれていました。


最後に

「また遊びに来てもいいですか?」

と言ってくれて、嬉しくて泣きそうになりました。

歳かな?笑


別れは寂しいものですが、また会える日を楽しみに♪


別れがあれば出会いもある!

春の新しい出会いも楽しみにしています^^

初めての方のヨガ体験受付中ですので是非ご参加ください♪



 

さて前置きが長くなりましたが、

今日のタイトルは

「第2回 初めてのヨガ哲学あとがき」

(はじめてなのか2回なのか謎のタイトルになってしまった、笑)


目次
・はじめに
・ヨガとは?
・それぞれに必要なギフトが与えられている
・仲間がいることの大切さ
・瞑想の言葉

 

はじめに


参加者は5人(内4人が初参加)


今回も参加者に何故参加されたのか聞いてみました


・ヨガクラスの時に話す先生の話が面白くて興味が湧いたから

・人間関係でうまくいかず悩みがある

・自分の感情がコントロール出来なさすぎて疲れる


かなりマイナーなテーマのクラスに(笑)

興味を持って参加してくれて嬉しい限りです。


私が参加しているヴェーダのクラスの先生も冗談まじりに

「ここに参加している人は一般的に見るとかなり変わった人たちです」

と言います。笑


まぁ一般的に少数派だろうが多数派だろうが、

自分が興味のあることを勉強すればいいのです♪


さて、はじめてのヨガ哲学クラス

このヨガ哲学のことを『VEDA』ヴェーダと言います。

読まれてない方は前回のブログも読んでみてね♪




第二回目のクラスでしたが

4人が初参加だったので、復習の意味も込めて最初のページから進めて行きました。


が、前回と同様に全然進まない・・・・!!!!笑


テーマが深すぎて、一緒に理解しながら進めようとすると、

サクサクいかないので、結局第二回目も3ページまでしか説明できませんでした。笑

(本当はもう少し進める予定でした。笑)


参加された皆さんいかがでしたか?

後から考えて理解しづらい箇所があったらクラスの時に質問してくださいね。


私的には入口が難しいと思っているので、

次回はもう少しいいペースで進められるかと思います。



 


ヨガとはなにか?


クラスで使っているVEDAの本では


ヨガとは、

「自分自身にくつろぐ実践」

と言われています。


ヨガをして、シャバーサナをしている時

物質的には何も手に入れていないのに

満たされてリラックスしているあの感覚


その「リラックス」している状態が

人間の本質だとヴェーダでは言われています。


まるで生まれたての赤ちゃんのように・・・


何も手に入れなくてもリラックスしている状態が人間の本質ですが、

人は皆何かを手に入れないと幸せになれないと思ってしまいます。


・甘いものを食べることが幸せ

・結婚や子供を持つことが幸せ

・お金持ちになることが幸せ

・いい大学を出て有名企業に入ることが幸せ


さて、あなたにとっての幸せとは何でしょうか?


もちろん、上記のそれらがダメなこととは言いません。

どれも大切なことです。


でも、それらを幸せの本質と思ってしまうのは

「勘違い」だとヴェーダの教えでは伝えられます。


外側から得られる満足感は短命だと言います。

何かを得たとしても次々と欲望は湧き出てきます。


人間の本質は内側のリラックスです。


外側から得られるものと内側の豊かさ

このバランスが大切です。


さて、このお話は

急に納得できる内容ではありません。


だからこそヴェーダの本は何冊もあり、

とても長く説明がなされています。


最初は「どうやらそうらしい・・・」と思いながら

知識を深めて確信に変えて行きましょう。


 

それぞれに必要なギフトが与えられている


あなたは今抱えているトラブルや悩みはありますか?


ヴェーダでは今世その人に必要なものが「ギフト」として与えられていると言います。


仕事・家族・人間関係・トラブル・障害


これらは全て宇宙からのギフトです。


え、トラブルいらないんですけど><


これが本音。笑


でも、なんのトラブルもない人生って面白いでしょうか?

成長するでしょうか?


男女が出会って、恋愛し、何事もなく、生涯を終えました。

そんなドラマ見ますか?笑

敵が出てこないゲーム、買いますか?笑


今までの経験を振り返って、

辛かったり苦しかったこともあるかと思います。

でも、今となってはいい経験だった。

それによって自分が成長できた。

そんな風に思うことはありませんか?


苦しみの最中にいるときはそんな風には思えませんが、

あの時の出来事は自分が成長するためのギフトだったのか。

そんな風に思えているときっとその経験を今の自分に活かせているのでしょう。


今、トラブルや悩みがありますか?


もしあるなら

「これも宇宙からのギフトなのか・・・」

「乗り換えると成長できるのか・・・」

(嫌だけど頑張るか・・・笑)


そんな風に思えると一歩引いた目で自分やそのトラブルと捉えられるかと思います。


苦しみの渦で自分が溺れてしまいませんように。


インドに行くとギフトと言う名のインドの洗礼をいっぱい受けますよ!笑


不安を抱えながら、初めてのインドに到着したら

オーバーブッキングされてて今夜泊まるホテルが無いと知った時、

私は絶望しましたが泣いても宿は手に入らないので

別のホテルを探すしかなかったです。

今となっては鍛えられたと思います。笑



ヨガをすることは嫌なことから逃げることではありません。

使い方を誤るとそのようにヨガを逃げ場にしてしまう方もいます。


ヨガをすることで心と身体が整い、

ジャバーサナでリラックスの自分を体験する。


そうすることで、様々なトラブルに冷静に対処できると言われています。



 

仲間がいることの大切さ


クラスが終わってから、皆さんそれぞれが思うことを話しながら帰り支度をしていました。


その時に1人の方が言いました。


「こうやってお喋りして他の人がどう思ってるのか知れるのが良い」


他の方も共感していました。


まさに、そうなんです。


しかもクラス開催の日の夜、私の勉強会でも先生が全く同じことを仰っていました。

「同じようにヴェーダを学ぶ仲間がいることはとても大切なこと」だと。


自分はこう思ってるけど、他の人はどうんだろう?

あぁ、そういう見方もあるのか。

そんな風に感じる人もいるのか。


そうやって語ることにより、知識はより一層深まり自分の中へも落とし込みやすくなります。

1人では自分の主観だけで物を捉えてしまうので危険なのです。


そしてこのヴェーダを学ぶことは素晴らしい事なんですけど、

一般的に見ると中々マイナーな集まりです。笑


きっと誰しもが悩みや悲しみ、疑問を抱えてたりすると思いますが、

それを他人とシェアしようとする人は少ないです。


お友達とお茶してこんな話をする機会はあまり無いですよね。

(私は親友と生きることについてLINEで話しますが、かなりマイナー笑)


ヴェーダのクラスでは同じようにこのマイナーな(笑)テーマに興味を持っている人たちの集まりです。


そしてみんなヨガの実践者です。

普段顔は合わせていなくても、うちのスタジオに通っていただいているヨガ仲間です。


クラスではみんなと会話を交えがら進行していっています。

そんな仲間との会話では否定的な意見は出てこないし

否定されるかもしれないという心配も生まれません。


私はこのクラスを

「安心して自分の感情や意見を出せる場所」

にしたいと思っています。


外では話にくい、理解されにくい、けど自分の中で感じている大切なこと。


それをヴェーダの知識を通し、

仲間とシェアすることで、


無意識にかけてしまっている

自分への制限を外し、


そこにある大切なもの、

自分自身への理解に繋げていきたいと思っています。


それがクラスのサブタイトルにしている

「今よりもっと自由に生きる」


その自由とは自分の中にあるものです。

すぐには理解できないかもしれませんが、

何度も何度も繰り返し勉強するうちに自然とその本質に気づけるようになります。


ちなみに、このようにヴェーダについてみんなで会話することを

「サットサンガ」と言います。

サットサンガもヴェーダを学ぶ中で大切なこととされています。

 

瞑想の言葉


クラスの最後に私が唱えた瞑想の言葉です。

知りたいという言葉があったので

こちらでシェアします。


言葉にはパワーがあります。

言霊って言いますよね。


繰り返し唱えることでその言葉が自分自身に溶け込んでいき、

安心こそが自分自身の本質と思えるようになると先生は言います。


全てではなくても、1文だけでも、毎日唱えてみてください。

心の中でもいいし、出来る方は声に出すことをおすすめします。


私もそう思えるようになるのかな?と実験中です。


唱えている時、唱えた後、不思議な安心感に包まれます。



【瞑想の言葉】

私の未来がどのようなものであっても、それを歓迎する力をお与えください。

私は自分の未来がどうなるかわかりません。

私の人生は順調かもしれないし、波乱万丈かもしれません。

私はそれらに直面しなければなりません。

私は自分のカルマから逃れることはできません。

来るべきものが来ればいいのです。

平然と立ち向かえる力だけを与えてほしいのです。

私が望むのは、何の不安もなく穏やかにギフトとして、
それらを迎えることができる強さだけです。

私は、将来に立ち向かうための内なる強さを備えています。

全ての結果は宇宙からのギフトです。

私は何も心配や恐れはありません。

この中に出てくるカルマとは何か?

クラスでうまく説明できなかったのでブログで話そうと思ったのですが。

今回のブログは超絶長くなってしまった(笑)

なので、その説明は次回にします><


最後まで読んで頂きありがとうございました。


皆さんが自由で幸せに過ごせますように。


Om shanti shanti shantihi



写真はインドでのチャンティング(マントラを唱える)クラス




特集記事
​カテゴリー
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page